Mr.Children REFLECTION メモ

Mr.Children 「REFLECTION」は6月4日に発売。

今までのアルバムと異なり23曲をUSBという媒体で販売。(初回限定生産)

→予約してなかったから手に入れられなかった.....

通常版はCD(drip版)の14曲とダウンロード9曲を組み合わせて販売。

初回版にはDVDもついてる。(レコーディングの風景と、未完のライブ映像)

 

23曲全部をしっかり聞けたわけじゃないけど現時点での感想

いいなと思った曲

・fantasy

→サビはCMにも使用されている曲。サビに入ったときの曲のイメージが広がる感じが好き。

 サビまでのメロディも独特のリズムもいい感じ。

・FIGHT CLUB

 →イントロからスピード感があって、ノリやすい。サビの爽やかさがありつつ強い曲調が印象 的。

・忘れ得ぬ人

 →最初の印象は、あんまりパッとしない感じだったが、ファルセットを使う部分は聞いていく  うちに癖になる。

・幻聴

  →発売前から気になっていた曲。全体的に明るくてアップテンポでカラオケで歌いたい曲。

・Starthing Over

→曲全体がほかの収録されているものとは異なった世界観がある気がした。最初はあんまり

 いい曲じゃない感じの印象だったが、サビの盛り上がりがカッコイイ。

 

気になったところ

・街の風景

→おととしのクリスマスくらいに、小田和正とコラボした曲をアレンジしたもの。厳密にはこっちが原曲でコラボがアレンジ?

 コラボした曲(パノラマの街)のほうが好きだったかも。だいぶ曲の雰囲気が変わった。

・アルバムのデザイン

→写真や絵はカッコイイけど、歌詞カードがくっついて取れない....見づらい笑

 

いつも思うけど、Mr.Childrenの曲は最初うーんって感じものでも聞いていくうちにいいなって思えてくるから不思議。

最近の曲は、サビが以上に高かったり、ファルセットを多用してくるからカラオケで歌いづらい....リズム癖があるの多いし.....

今回のアルバムは曲数が多いから、もっと時間をかけて一つ一つの曲を聴きたいと思う。